株式会社 長浜合成工業所

製造・メーカー

どういった事業をされていますか?

プラスチック製品の製造及び金型の設計製作をしています 。
当社は「プラスチックの総合パイオニア」として金型設計製作、プラスチック製品成形加工、二次加工(メッキ、蒸着、塗装、印刷、ASSY)の一貫生産を行っております。また、新しい分野としてロールスクリーン製造販売もしております。さらに、今年より新事業のプラスチックボトルの製造をスタートしました。

企業理念を教えてください

企業の安定成長を目的に労使体となり惜しみなく努力することです。
「ものづくり」は資源の少ない日本においてはとても大切なことであり、これからも忘れてはならない重要な企業理念として位置づけ、現場第一主義で「ものづくり」に励むことが当社の社会的企業価値と考えております。

組織の特徴、社風を教えてください

近年、地球規模の環境問題が懸念されるようになり、「持続可能な開発」が提唱されるようになりました。当社においても「使い捨て社会から循環型社会への転換」に取り組み可能な限り工場排出ごみの完全分別、再利用を実践しております。
社員に対しましては、扶養内勤務にも柔軟に対応しております。社員とパートもみんな仲が良く、明るい職場です 。

将来の構想やビジョンを教えてください

これからのプラスチック製品業界は今後ますますリサイクル分野への関わりが重要となりますので、豊かな自然と生活環境を創造する「環境洗練企業」としてより一層社会に貢献できる様精進して参ります。
さらに、お客様に喜んでもらえる共に発展的な相互信頼関係を築いていくこと。また、常に新しい技術の導入に心がけ、高品質の製品を早く安定的に生産する技術の構築を追及していきます。

企業情報企業情報

会社名株式会社 長浜合成工業所
事業内容プラスチック射出成型及び金型設計・製作
代表者名長浜清行
沿革昭和41年 4月設立 プランジャー機2台にて玩具の成形を始める
昭和56年 株式会社に改組、商号を株式会社長浜合成工業所とし、代表取締役社長に長浜政治就任
昭和57年 通信機器関連の受注拡大により、成形機増設
昭和63年 シルクスクリーン印刷、ホットスタンプ、ASSY等の二次加工に着手
平成 5年 八千代工場設立、山下電機㈱の受注増によりIBM社製ノートパソコン筺体本格生産開始
平成 8年 本社工場・八千代工場エアコン設備 金型倉庫・製品倉庫増設
平成 9年 代表取締役社長に長浜清行就任
平成12年 アミューズメント製品の製造ASSY
平成13年 タチカワブラインド工業のロールスクリーン部品生産開始
平成14年 三和金型事業所設立
平成15年 網戸事業所設立 アミューズメント事業所設立 設計・製造の一貫生産に着手
平成16年 自動車部品の各種反射板(リフレクター)の生産開始(真空蒸着)
平成19年 茨城県結城市武井に成型事業所、金型事業所を統合。生産を開始する
平成20年 ナプコ事業部を設立。ロールスクリーンの自社製品の製造販売を開始する
平成21年 携帯電話の成型及びASSY、検査の生産を開始する 
平成23年 大手通販会社『カタログハウス・通販生活』にて断熱ロールスクリーンを販売
本社所在地〒306-0234 茨城県古河市上辺見506-3
従業員数92名(2019年2月現在)
URLhttp://www.nagahama-ppt.co.jp

求人情報求人情報

この会社の求人一覧へ